音声よみあげ

配色変更

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

小児腎臓内科

  1. HOME
  2. 診療科・部門
  3. 小児腎臓内科

診療内容

小児腎臓内科では、検尿異常(たんぱく尿、血尿)、腎機能障害を中心に外来診療を行っています。また、尿路感染症後の遠隔期や、低形成腎・異形成腎など先天性腎尿路異常(CAKUT)についても、泌尿器科と連携して管理を行っています。学校検尿で精密検査をすすめられた場合など、お気軽にご相談ください。

診療実績

これまでに、以下の病気を診療しています。
―先天性腎尿路異常(CAKUT)
膀胱尿管逆流、多嚢胞性異形成腎、低形成腎・異形成腎、巨大尿管など
―慢性腎臓病(CKD)
染色体異常、奇形症候群、重症新生児仮死後、横紋筋融解症後など
―慢性腎炎症候群
―無症候性血尿、無症候性蛋白尿
―溶血性尿毒症症候群
―Lowe症候群
―Fanconi症候群
―多発性のう胞腎

担当医師

第2・第4木曜日の午後、札幌医科大学小児科からの出張医師が診療しています。入院検査治療が必要な場合は、札幌医科大学小児科や関連病院で行います。

札幌医科大学医学部小児科学講座のホームページ」もご参照ください。

 

担当医師 長岡 由修(非常勤)

2003年 札幌医科大学卒業 医学博士

資格 日本小児科学会専門医・指導医

日本腎臓学会専門医・指導医

日本透析医学会専門医