音声よみあげ

配色変更

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

小児血液腫瘍内科

  1. HOME
  2. 診療科・部門
  3. 小児血液腫瘍内科

診療方針・科の特色

当センターでは日本血液学会専門医・指導医、日本がん治療認定医機構教育医が責任を持って診療にあたっています。特に一般の病院では治療困難な、小児がん(白血病および固形腫瘍)の治療を専門としております。道内唯一の小児病院として、小児病理医、小児外科医、小児脳外科医などの専門性の高いスタッフを擁し、小児疾患の中でも最も集学的治療が必要な悪性固形腫瘍の診療に力を入れています。各々の患者様ごとに、関係各科が集まって、腫瘍症例検討会(Tumor board)を開き、治療方針の決定を行っています。

小児がんの治療

がんの治療は、外科的切除、放射線療法、抗がん剤を使った化学療法が三つの柱です。かつては成人のがんにおいて、化学療法は、その副作用のみが強調され、患者様に苦痛を与えるものとして評判がよくありませんでした。たしかに成人期のがんは、化学療法の効果が少ないものが多いのですが、ほとんどの小児がんは、化学療法に反応を示します。小児白血病は、その多くの患者様は化学療法のみで治癒しますし、固形腫瘍も化学療法が中心となります。最近は成人領域においても、副作用に注意し適切な化学療法を行うことによって効果をあげることができ、がん薬物療法専門医制度も出来ています。

 

当センターでは、化学療法の専門家として血液腫瘍科が治療しています。また化学療法を担当するのみならず、小児がんの治療全般について、いわばチームの“司令塔”としての役割を担うべく努力しています。

臨床研究

小児がんは非常にまれな疾患です。成人のがんと比較すると患者様の数は圧倒的に少ないのです。ですから一人一人の治療結果を大切にし、将来の患者様の役に立つ様に考えなければなりません。そのためには臨床研究が必要です。

 

日本小児血液学会、日本小児がん学会では、関係する疾患の全数登録をめざしています。日本における小児血液悪性疾患の治療は、以前より、小児癌白血病研究グループ(CCLSG)、東京小児がん研究グループ(TCCSG)、日本小児白血病研究会(JACLS)などのグループ研究が行われてきました。(当センターはJACLSに所属しています。)2003年には、これらのグループ間共同研究組織として日本小児白血病リンパ腫研究グループ(JPLSG)が設立されました。固形腫瘍においては、日本神経芽腫研究グループ(JNBSG)、日本横紋筋肉腫研究グループ(JRSG)、日本ウイルムス腫瘍研究グループ(JWiTS)、日本小児肝癌研究グループ(JPLT)、日本ユーイング肉腫研究グループ(JESS)、日本小児脳腫瘍コンソーシアム(JPBTC)などが活動しており、これらを統轄する小児固形がん臨床試験共同機構が発足しております。当センターもこれらの活動に積極的に参加しています。

 

患者様にとって、臨床研究に基づいた治療を受けることは、大きなメリットがあります。その時点で最も有効と考えられた治療を受けることができ、予期せぬ副作用に関する情報も素早く得ることが可能で、安全性も確保できます。また中央診断を受けることによって診断を確認することが出来ます。当センターでは臨床研究に参加するにあたって、倫理指針に沿った充分な説明を行っています。

治癒後の経過観察

治療の進歩に伴い、多くの小児がん患者様が治癒するようになってきました。しかし、もとの病気が治った後もいろいろな問題や治療に関連した晩期障害が出てくる可能性もあります。血液腫瘍科では、小児がん治癒後も定期診察を継続し、何か心配なことがあればいつでも相談していただき、必要であれば、神経科、内分泌科などの専門医の診察を受けていただく体制を整えています。

対象疾患

血液疾患

急性リンパ性白血病、急性骨髄性白血病、骨髄増殖性疾患、骨髄異型性症候群、悪性リンパ腫、ランゲルハンス細胞組織球症などの小児血液悪性疾患全般、その他、溶血性貧血、血小板減少症などの血液疾患

腫瘍性疾患

神経芽腫、ウイルムス腫瘍、横紋筋肉腫、肝芽腫、胚細胞性腫瘍、脳腫瘍などの小児悪性固形腫瘍全般

受診にあたって

病気の性質上準緊急と考えられる場合がほとんどと思われますので、主治医の先生から、直接小児血液腫瘍内科 小田まで、お電話いただけると幸いです。

診療実績

新規患者数

左右にスワイプしてください

2018年 2019年 2020年
神経芽腫 1 1 2
腎芽腫 1 1
軟部肉腫 1 1 1
胚細胞性腫瘍 2 1
脳腫瘍 1 1
組織球症 1 1
Down症関連-過性骨髄異常増殖 1 1
先天性骨髄不全 1 1
遺伝性溶血性貧血 1 1
免疫性血小板減少症 1 1 1
先天性凝固異常 2 1
その他良性腫瘍・血液疾患 2 2

 

業績

1.原著

浜田 亮, 堀 司, 吉川 靖, 山本 晃代, 寺田 光次郎, 山本 大, 足立 憲昭, 浅沼 秀臣, 小田 孝憲, 吉藤 和久, 堤 裕幸.分娩時に小脳出血をきたした重症型血友病Aの一例.日本小児血液・がん学会雑誌. 54:153-156,2017.

Takeuchi T, Yoto Y, Ishii A, Tsugawa T, Yamamoto M, Hori T, Kamasaki H, Nogami K, Oda T, Nui A, Kimura S, Yamagishi T, Homma K, Hasegawa T, Fukami M, Watanabe Y, Sasamoto H, Tsutsumi H.  Adrenocortical carcinoma characterized by gynecomastia:A case report.Clin Pediatr Endocrinol.27:9-18.2018.

2.発表

第56回日本小児血液・がん学会(2014.11.29. 岡山)

星野陽子、小田孝憲、小杉陽祐、小杉未奈、西堀重樹、縫 明大、木村幸子、高橋秀史、平間敏憲、鈴木信寛. 腹腔内精巣を原発とした卵黄嚢腫瘍の幼児例.

日本小児科学会北海道地方会第291回例会(2014.12.7.札幌)

小杉陽祐、小田孝憲、鈴木信寛.巨赤芽球性貧血を認めたダウン症候群の1例.

第32回北海道小児血液研究会(2015.10.24. 札幌)

小笠原真志、小田孝憲、吉藤和久、木村幸子、高橋秀史、鈴木信寛.左前頭部に巨大腫瘤を形成したランゲルハンス細胞組織球症の1例.

第41回北海道小児がん研究会(2016.2.26. 札幌)

小田孝憲,鈴木信寛.難治性再発ホジキンリンパ腫に対するブレンツキシマブベドチンの使用経験.

第119回日本小児科学会学術集会(2016.5.13-15. 札幌)

野上和剛,小田孝憲,西田剛士,鈴木信寛,縫 明大,平間敏憲,木村幸子,高橋秀史,堀 司,鎌崎穂高.乳房腫大を契機に診断された副腎皮質癌の1例.

第59回日本小児血液・がん学会学術集会(2017.11. 松山)

甲谷紘之,小田孝憲,鈴木信寛,西堀重樹,浜田弘巳,縫明大,木村幸子,高橋秀史. Immature teratoma with somatic-type malignancyの一例.

第44回北海道小児がん研究会(2019.2.23. 札幌)

儀同咲千江、住川拓哉、橋本さつき、西堀重樹、浜田弘巳、縫 明大、木村幸子、

高橋秀史、小田孝憲.初発時、胸膜浸潤および肺転移を認めた高リスク神経芽腫の1例.